今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ルンバの手入れ方法

2016年12月26日

ルンバの手入れ方法を案内していますが、手入れをしなかった場合のリスクについても案内させていただきます。

まず、手入れをしなかった場合のリスクから案内させていただきますが、ルンバは吸引力が弱まりやすいという性質もあるので、吸引部分のクリーニングは正確に行っておくようにしましょう。また、正常に動作しないルンバでは買取などが難しくなってしまうケースもあります。吸引力そのものがそれほど強い機器ではありませんので、重要となるのは 正常に動作していること、そして吸引部分に汚れが溜まっていないことです。

次にルンバの手入れについて案内させていただきますが、ルンバはゴミを大量に吸い込むことにより、室内の汚れを少なくしてくれるという仕組みになっています。掃除機であれば急に吸引力が弱まるため、動作不良について正確に把握することができます。ですが、ルンバは動作しなくなるまでエラーなどを教えてくれません。動作しているようであれば動作を知らせるランプが、光った状態のままになってしまうのです。なので、定期的にルンバを裏返してみて正常であるかどうかチェックしましょう。汚れが溜まっているようであれば、軽く上から叩くことで下に溜まっている汚れを落とします。ティッシュなどを敷いておき 汚れを落とすと、周りを汚さずにルンバの掃除を行えます。また、使用しなくなったハブラシがある場合は、ハブラシをキレイに水洗いしてから乾燥させ、こちらをルンバの吸引部分に差し込んでクリーニングを進めましょう。

清掃機器の汚れは、フィルター手前にごっそりと溜まっていることが多いです。
フィルターに多くの汚れが溜まっていると吸引力が下がってしまいますし、なによりも嫌な臭いを発生させるようになるので、ハブラシでキレイに取り除いたほうが良いでしょう。ルンバの手入れでは、無理に清掃用品として売られているクリーニング液を使用しないで良いです。汚れが頑固だと感じる場合のみ、クリーニング液を使用したほうが、クリーニング液がルンバ内に多く入ってしまうリス クを減らすことができます。

ルンバの手入れ方法