今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ルンバの高価買取のポイント!

専用充電器、電源コード、端子の破損に注意

専用充電器、電源コード、端子の破損に注意

不要なルンバの売却を検討し始めた際にまず確認していただきたいのが、専用充電器、電源コード、端子の破損や不具合の確認です。

専用充電器、電源コード、端子が破損していると買取が難しくなってしまいます。

保証期間内で故意の破損でなく、不具合でしたらメーカーで保証してくれる場合がありますので売却前に保証期間の間に修理することをオススメ致します。

そこから売却していただくと部品の新しく安心感もあるため売却の際の好印象に繋がりますよ。好印象ということはもちろん高価買取ということになります。

バッテリーや消耗品を新品に交換していた方が査定UP!

ルンバ売却の際に高価買取の裏技を紹介します。売却するとなると、だいたいのお客様がそのものを不要だと感じておりメンテナンスなどをされていない状態で売却をされる方が多いのですが、バッテリーや消耗品新品に交換していた方が査定UP!するんですよ。

どうせ売却するなら高値で買い取って欲しいですよね。そんな時は売却前の一手間で消耗品の交換などをしておきましょう。

メーカー公式通販などでも購入できるものもありますし、保証期間内で部品の劣化が原因であれば無償で交換してくれる場合もあります。

新品に交換しておくことで、少々古い年式のものでも思わぬ高値がつくかもしれません。

モデル名・製造年の新しい、古いの違いでも査定額は変動します。

近年の家電ブームの中でも大人気のルンバですが、モデル名・製造年の新しい、 古いの違いでも査定額は変動します。

ですので特に製造年の観点からしますと、売却を検討し始めてから決断するまでは、なるべく早い段階で決心することをオススメします。

新しいものや、しっかりとメンテナンスしてあるものは高値での査定になりやすいですよ。

売却する際は、ちょっとした拭き掃除も同時に行っておくことで印象も良くなりますのでオススメします。どの製品が高価買取になるのか等、不明な場合は相談だけでもお気軽にしてくださいね。

電源ボタン、各操作ボタンが問題無いかも査定前に要確認!

ルンバの買取の際に必ずチェックして頂きたいのが電源ボタンや操作ボタンです。
特に長い間使用していない場合には、必ずチェックしておきましょう。

チェックせずに買取に出してしまった場合、査定時の確認で動かなければ大幅減額されてしまうのです。
動くか動かないかでは査定額にも大きな差が出てしまうどころか、買取さえもッできかねない場合があるので注意しておきましょう。

基本的に機械類は買取に出す前には必ず操作ボタンの確認はしていただかなければなりません。
故障品などはこちらでは買取出来兼ねない場合もあるのです。

まずは査定に出す前に電源ボタンと操作ボタンのチェックをしておきましょう。

バッテリーパック、エッジクリーニングブラシ、パワーブラシの消耗具合でも査定は変動。

ルンバの買取の際には必ず付属品も一緒につけて頂きたいのですが、付属品の消耗についても査定させて頂きますので必ずご確認をお願いいたします。

付属品はついていれば高額になるというものではありません。
やはり付属品にも使用感などがあれば査定額には大きく影響してしまいます。

ルンバでも特にバッテリーパックは高価なので、あまりにも消耗が激しい場合には買い替えなくてはならないこともあります。
エッジクリーニングブラシやパワーブラシも使えば劣化し、毛の部分も離れて使い物にならなくなってきます。

そのため買取時にも状態などをチェックさせていただいております。
できるだけ使用感がないものや丁寧に使われたものが高額となるので、付属品も注意が必要となるでしょう。

段差、ゴミなどの各種センサーの感度もご確認下さい!

ルンバでも電化製品は使用が長ければ長いほど劣化してきます。

そのため付いているセンサーなども反応が鈍くなる場合もあるのです。
ルンバには段差やゴミのセンサーがついていますが、変わりなくきちんと反応するか確認しておきましょう。

特に段差反応はルンバの機能の中でも重要なものです。
またゴミセンサーもお掃除ロボットには必ずついていなくてはならないものとなってきているため、この機能も外すことはできません。

買取に出す際にこれらの機能が鈍い、もしくは反応がない場合には大幅な買取価格の減額となるので注意しておきましょう。

落下などの強い衝撃を与えた事はないでしょうか?

落下などの強い衝撃を与えた事はないでしょうか?

どんな家電製品でも落下による衝撃は致命的なものになる場合があります。

最近では耐久性にも優れたものが増えていますが、それでも落下による故障は数多くあるため注意しておきましょう。

買取の際にも必ずこれらのことを申告していただかないと、高額での買取は不可能となります。

また落下時にも傷などができ、随時そういった傷がないかチェックしています。
わかる範囲で構いませんので必ず申告をしましょう。

何かしらの衝撃による故障はすぐ出なくても後で出てくるのです。
トラブルの元にもなってしまうので必ずチェックしておきましょう。

ホームベースでの充電は問題無いでしょうか?

ルンバといえば充電器も重要な付属品となります。

充電器なくてはお掃除ロボットとしても役には立たないと見なされます。

コードでの充電よりもコードレスだからこそ価値があるというものです。
もちろんコードの充電も重要なのですが必ずきちんとホームベースでの充電を行うかどうかも確認してください。

充電しなかったり、上手くはならないなどの不具合がないかをチェックしてから買取に出しましょう。

ルンバも通常の動きをするかしないかで大きく買取価格も変動してしまいます。
きちんと動くことで高価買取になるので、必ず充電などのチェックもするようにしましょう。

スポットモード、清掃モードなどの各モードは問題ありませんか?

ルンバの操作ボタンを確認した時に必ずチェックして欲しいのが、それらの操作に見合った動きをするかどうかです。

ルンバにはスポットモード清掃モードなどがついていますが、操作ボタンを押した後これらがきちんと作動するかも確認しましょう。

ついついボタンを押し「何かしら音がした」「音がしたから動いたと思った」などで査定に出される方もいらっしゃいます。

音は出ても動きとして作動しない場合があるので、きちんと動くまで確認しましょう。
ルンバの操作も簡単だからこそ確認も手間は取らないでしょう。

きちんと確認すれば高価買取も期待ができるので、ぜひ動作のチェックも忘れないようにしましょう。

ハンドルが取れかかっていたりダスト容器に破損はありませんか?

家電製品も気がつかないうちに劣化したり破損していたりすることもあります。

特にルンバは自動で動くため、気がつかないうちに破損している場合もあるのです。

またハンドルの破損なども多く見られるため必ずチェックしておきましょう。
ダスト容器も人の手で動かすものです。
知らないうちに強く力を入れてしまっていたり、扱いが荒くて破損してしまっていることなどもあります。

丁寧に扱うことも重要なのですが急いでいたりすることもあり、うっかり破損などもあるかもしれません。

故意ではなくても買取価格には影響してしまうので、必ず確認しておきましょう。

カメラやwifiは問題なく使えますか?

最近のルンバにはカメラ機能wifi機能が付いているために、外からでもスマートフォンで操作することができます。

これらも買取にはとても重要となる機能です。
そのため機能するかどうかのチェックを行いましょう。

カメラやwifi機能が付いているということは大きな付加価値でもあります。

「本体の使用ができるのか」と同じくらいに重要なため、これらの機能がついたルンバは必ず確認しておくようにしましょう。

実際にカメラが付いていても機能しない場合や、スマートフォンの操作ができないなどの不具合も起きることがあります。

買取査定でも高額になる重要なポイントなので注意しましょう。

元箱の状態もポイント!

どんなものでも購入した時の箱は、その後、買取に出す際にも重要なものとなります。

買取に出す時も購入した時とほぼ同じような状態にすることが大切なのです。
そのため今後買取を利用するかもしれない場合には必ず元箱も置いておくようにしましょう。

ルンバの元箱も買取には重要なポイントとなりますし、元箱自体の状態も綺麗な方が良いです。
元箱が汚くなっていたり潰れていたりすることでも、買取の際には減額とさせていただく場合もあります。

購入後に改めて買取に出すかもしれないと少しでも考えに出てきた時は保証書などと同じように大切に保存しておきましょう。

限定モデルや最新モデルは高価買取!

家電製品やブランド物全てにおいて限定モデル最新モデルは買取では高価な査定が期待できるものです。
ルンバも同じく980などの最新機種には当然、状態などが良いことを条件に高価買取になることは間違いありません。

また他にも家電量販店での限定モデルなどもあり、なかなか手に入りにくいモデルに関しては価値もかなり上がります。

限定モデルになると台数に制限があるため、プレミアがついてさらに高く買取となります。

また最新モデルの場合には次のモデルが出る前には買取に出しておいた方が良いでしょう。

限定モデルも価値はありますが、飽きられてしまう頃には価値も下がってしまうので気をつけましょう。

保証書の有効期限も肝心

ルンバを高く買取って貰うためのポイントとしては、「保証書の有効期限内であるかどうか」にかかっています。保証書の有効期限とは、機種によっても異なりますが、1年間からが一般的です。

買う方としては、一度目の修理代が無料の方がお得感を感じるからです。
もちろん、保証書の有効期限内ではない製品でも買取って貰えることもありますが、高価買取を狙うのであれば、やはり、保証書が有効期限内のルンバの方が良いでしょう。

よって、ルンバを購入した際には、本体ケースの中に取扱説明書や保証書はしっかりと保管しておくことをおすすめします。

髪の毛の吸い込みはどうでしょうか? 

ルンバを高く買取って貰う際には、掃除機ロボットとしての性能が良いかどうか、購入した時よりも吸引が悪くないかどうかしっかりと確認しておくことがポイントです。

髪の毛の吸い込みや埃やその他の食べ物のカスなどの吸い込み具合がどうなっているのか、査定前には予めきちんと確認しておくことをおすすめします。

吸い込み具合が悪ければ、集塵袋を新しいものと交換しておくことをおすすめします。
そして、集塵袋を交換した後は、吸い込み具合が良くなっているかどうかをチェックしておきましょう。臭いがついていれば脱臭されることをおすすめします。

引越しや買い替えのついでにルンバを売るのもポイント

引越しや買い替えのついでにルンバを売るのもポイント width=

引っ越しをする際には、不要になったルンバがあってどうしようかお困りのことはありませんか?引っ越しをする際には、使用しなくなったものについては、思い切って「断捨離」されることをおすすめします。

また、「ルンバを使用していたけれど、最新式タイプのルンバが欲しい」と思われた際には、ルンバを売られることをおすすめします。

つい、勿体ないからといって、自宅に保管したままになってしまうことがありますが、より良い環境や製品を手に入れるにはこれまで使用していたルンバを思い切って売ることをおすすめします。

ACアダプタ、コード根元断線していませんか?

ルンバを査定に出す際には、まず、付属品などが揃っているかどうかを確認しましょう。ルンバは、本体が正常に作動するかどうかはもちろんのこと、バッテリーやホームベース、交換用ダストカットフィルターや電源コードや乾電池が揃っているかどうかを確認して下さい。

ACアダプターやコードなどが根本で断線していないかどうかなども確認しましょう。ルンバと高く買取って貰う為には、査定員に本体や付属品の有無や状態を詳しく伝える必要があります。

その方が、査定員も製品の状況を把握しやすくなり、高く買取って貰える可能性が高いと言えます。

本体角にクッション材貼り付けやガームテープで部分補強はされていませんか?

ルンバを高く買取って貰う為には、本体がケースの中に付属品と正しい状態で保管されているかどうかにかかっています。本体がしっかりと補強されていないと思わぬ故障の原因になります。

その為、製品を送る前には、本体の角の部分にクッション材を張り付けたり、ガムテープで部分補強はされているかどうかご確認下さい。

丁寧に梱包しておいた方が、運送の途中の揺れなどがあっても、ルンバが壊れにくくなり、丈夫な状態を保つことが出来ます。

ルンバを段ボールに入れて梱包する際には、このようなポイントを抑えて補強されることをおすすめします。