今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ルンバの歴史/ルンバはどのモデルでも買取可能?

ルンバの歴史/ルンバはどのモデルでも買取可能?

ルンバ

iRobotが販売しているロボット掃除機ルンバは、今では私達の生活の中に深く浸透されている家電製品でしょう。

勝手に掃除をしてくれるロボットがあったらいいなと考えていたのが実現して、今では当然のように私達の身の回りの掃除に責任を持ってくれているルンバ。

2002年に登場したルンバは既に14年もの間さらに改良を重ねながら新製品が登場し続けています。

iRobotでは1997年からロボット掃除機の研究を続けてきて、人が掃除機をかけるのと同じような働きを行なうことができる性能を求め続けてきました。

2004年に発売されたルンバディスカバリーには自動充電機能が搭載されて、ボタンひとつで掃除や充電まで可能になりました。

2005年にはルンバスケジューラーが発売されて、スケジュール機能がさらにアップして便利になり、2007年のルンバ500シリーズはさらに性能アップして、世界中でベストセラーになりました。

日本では2009年にルンバ日本仕様品が発売されて、日本語のエラーメッセージや付属品の小型化などにより、日本の消費者に人気の製品となりました。

さらにはルンバ700シリーズ、600シリーズ、2015年には最新モデル800シリーズが発売されて、今では全世界50カ国で利用されています。

さらなる研究開発が行われているために、新発売される製品には今までになかった機能がついて便利になっています。

基本的な機能は同じですが、700シリーズからはバッテリーの寿命がさらに長くなったり、ゴミセンサーに光センサーも加わって細かいゴミも察知できるようになりました。

さらにはゴミが一杯になるとランプで知らせてくれたり、780にはタッチパネルが搭載されたりしています。

800シリーズからはランダムナビゲーションが搭載されて吸引力も5倍になり、同じ場所を4回ほど違う角度で往復しながら、ゴミを残さずに吸引するようになっています。

それだけに価格もさらに高価になっていますが、せっかくならきれいに簡単に掃除してくれる高機能の新製品が人気となっています。

日本デロボット掃除機といえばルンバが認知度が最も高くシェアも80%を占めています。

日本のメーカーではシャープのロボット掃除機ココロボが人気で、特徴としては掃除機と会話ができるという点でしょうか。

きれいにして!と語りかけると掃除を始めてくれるので、いちいちボタンを押す必要はありません。

またパナソニックは三角形の形状が特徴で、壁側を察知してゴミが溜まり易い部分を集中して掃除してくれたり、一回転しながら走行して十字がけと同じような硬化を発揮して、ホコリを残さずきれいに掃除ができるでしょう。

また価格は少し高めですがダイソンのロボット掃除機は、吸引力や360回転ビジョンシステムにより、パワフルで満足できる掃除が可能な製品です。

このようにそれぞれの特徴をよく考慮した上で購入すれば、自分にピッタリのロボット掃除機を選択することができるでしょう。