今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ルンバにもグレードがありますご存じですか?

ルンバにもグレードがありますご存じですか?

ルンバ

 自動ロボット掃除機の「ルンバ」がバカ売れしていますね。今まで興味はあるけれど価格が高くて躊躇していた方々は沢山いらっしゃいました。しかし先日に某テレビ通販会社が『iRobot社純正品』のルンバを三万円を切った価格で販売したのを機に、電話回線がパンクするほどの問い合わせがあったそうです。そこで今回は『何故あんなに安いルンバが有るのか?』を詳しく説明したいと思います。
 ご存知無い方もいらっしゃるからルンバの説明を簡単にすると、アメリカのiRobot社が製造販売している「ロボット型自動掃除機」の事です。一口にルンバと言っても、正規代理店で売られている物から並行輸入品まで様々です。(ここに関しては別項で説明していますので、そちらを参照して下さい)
 一体どれを買ったら良いの?と思う程、ルンバは種類数が多いのです。それは新旧モデルが混在するのが理由なのです。それではグレードの順番に簡単な説明を致します。(2016年10月現在に正規代理店にて購入可能な物)
①900シリーズ
 最高性能品に位置するのは900型です。価格もルンバの中では最も高価です。980と960の二種類があり、980型が先に発売されて価格は10万円オーバーでした。その一年後に960型が一部機能とバッテリーを替え、付属品を少なくして廉価版として発売されました。ちなみにルンバ980は最大112畳の掃除が可能です。その他に「カーペットブースト機能」(カーペットの上にくると自動で吸引力を上げる機能)があります。
②800シリーズ
ルンバの中で一番ラインアップの多いグレードです。885 875 876 880 870 871と種類も豊富です。細かい仕様の違いは割愛しますが、2015年に発売された885 型と875型は従来型のニッケル水素型に比べてリチウムイオンにバッテリーが変わり、バッテリー寿命が倍の6年に延びた点です。
③600シリーズ
上位機種にくらべると廉価版の扱いに位置する600型です。色々な機能をカットした分、価格を低めに設定されています。かのテレビ通販で販売した三万円を切ったモデルはこのグレードです。

 いかがでしたか?機能や付属品の違いでグレード設定されていますが、アップル製品みたいに区分けすると、第一世代から第三世代までラインアップされていますので、基本的に新しく発売された物をお選びになられた方がよろしいのではないでしょうか。